トップへ戻る

レーザー脱毛 副作用

私のおすすめエステ 自宅でムダ毛ケア 女性が毛深くなる理由 恋愛運upメルマガ お問い合わせ先 乳輪の太い毛

レーザー脱毛の副作用まとめ 信頼できる病院を選ぶヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エステより病院でできるレーザー脱毛の方が
回数も少なくて確実に早くムダ毛がなくなります。

 

その分リスクも高いということはわかるけど
具体的にどんな副作用があるのか?
もし副作用が出たら治療してもらるのかなど
きちんと知っておきたいですよね?

 

起こりうる主な副作用だけでなく病院を選ぶ時に
チェックすべきポイントをまとめてみました。

 

シェーバーや除毛剤でムダ毛処理を続けていると
ちょっとずつ肌が悪い方に変化していきます。

 

最初は些細な乾燥から始まりくすみや赤み、
ひどい時には毛穴周りが茶色くシミになることも。

 

毛深い人は子供の頃からあまり知識のないままに
剃ったり抜いたりを繰り返しているので
肌が荒れてる人が多く深い悩みにつながっています。

 

一度荒れた肌を元に戻すには早い方がいいんですが
自己処理をすると回復しないので悪循環になります。
そこで考えるのが「脱毛」ですよね?

 

脱毛はエステで施術できるフラッシュ脱毛と
病院でしかできないレーザー脱毛とに分かれます。

 

毛深い部分はどちらもある程度効果がでますが
少ない回数で確実に脱毛したい人や安心感を求める人、
再度生えてくるのを最大限防ぎたい人はレーザーを選びます。

 

■レーザー脱毛の副作用

 

現在病院で使われているレーザー脱毛機は
アレキサンドライト、ダイオード系(ライトシェア)、
ヤグレーザー、コメット、ソプラノなどがあります。

 

 

機械によって多少差はありますが
よくある副作用は以下の通りです。

  • 赤み、炎症、むくみ
  • やけど
  • 毛嚢炎
  • 増毛化、硬毛化
  • 肌の乾燥

 

ひとつずつ解説しますね。

 

○赤み、炎症、むくみ
病院でしか施術できない理由でもある
レーザー照射時の出力の高さが原因で起こる症例。

 

黒いものに反応させるので毛が太い場所や
元々の肌の色素が濃い人は熱が伝わりやすく
赤みや炎症、炎症後に浮腫が起こりやすくなります。

 

○やけど
上記の理由と同じですが肌や毛の状態により
レーザーの熱が高くなりすぎて火傷する事もあります。
毛根を熱で破壊する方法なので脱毛士の腕が必要。

 

低ければ当然脱毛効果も落ちるので
見極める知識と腕が必要になります。

 

○毛嚢炎
毛嚢炎はレーザー照射時に毛穴の奥の
毛根をターゲットにして照射しますが
皮膚表面にも少しダメージがあります。

 

傷ついた角質のバリア機能が低下しますので
雑菌で毛穴が炎症しニキビのようになることもあります。
特に顔や背中などの皮脂分泌が多い場所は
毛嚢炎になりやすいと言えるでしょう。

 

○増毛化/硬毛化
照射により逆にムダ毛が増えたり硬くなること。
産毛の多い二の腕、背中などに起こりやすい現象。

 

原因は詳しくわかっていませんが
全体の数パーセントに起こると言われています。
※この辺りもまだよくわかっていません。

 

○肌の乾燥
熱を使って脱毛を促す方法なので
どうしても肌内部、表面にダメージがあります。

 

肌を冷やしながら脱毛したりダウンタイムや
保湿ローションでケアするのは炎症や乾燥を防ぐため。

 

乾燥は全ての肌悩みにつながりますので
照射後は肌を保湿し保護することが大事です。
日焼けや運動なども厳禁です。

 

 

以上がレーザー脱毛に多い副作用です。
エステ脱毛も同じような副作用がありますが
照射パワーが高いレーザーはリスクも高くなります。

 

■信頼できる病院を選ぶヒント

 

だからこそ信頼できる病院を選ぶことが大事。
でも病院だから安心でしょ?って思いますよね。

 

私も最初はそう思っていましたが
色々調べていくうちにわかったことがあります。
私がチェックするのは以下のポイント。

 

・何をメインにしているか
・脱毛症例数
・脱毛機種
・リスクが明記されているか
・金額がわかりやすいか
・肌トラブル時の治療代、薬代などの料金
・有効期限など
・通いやすいか

 

レーザーは効果が高いのはわかっているので
あとは技術や知識などが気になるところです。

 

何をメインにしているかというのは
美容外科、美容皮膚科、皮膚科、脱毛専門なのか?
できれば脱毛を専門にしている病院がいいですね。

 

脱毛症例数も参考程度ですがチェックします。
肌質や毛根の深さなども含めて適切な出力で
照射してもらいたいですから…。

 

脱毛機種も大きなポイントになります。
濃い毛が得意な機種、産毛や軟毛に得意な機種、
痛みや脱毛にかかる時間なども違ってきます。
アレキとライトシェアの比較はこちらでまとめています。

 

効果だけでなく起こりうるリスクや対処方法も
しっかりと明記されているかどうかも確認します。

 

副作用がほぼない脱毛機種も登場しています。

 

今はまだ導入しているクリニックが少ないのですが
これから増えていく機種だと思います。
メディオスターNeXT

 

脱毛料金や治療代などがどの程度かかるのか、
再診料、シェービング代もバカになりません。

 

また脱毛プランの有効期限などもチェック!
妊娠や病気などで一定期間通えないことも考えて
有効期限も確認しておきましょう。

 

最後に通いやすいかもある程度必要です。
クリニックの場合は大体脱毛完了までに
大体5〜6回通えばいいのでちょっと遠くてもOK。
ただ副作用のことを考えると通いやすい方がベターです。

 

そのほかにも支払方法やローンの有無なども
関係してくると思いますが大体どこの病院でも
ローンやクレジットにも幅広く対応してます。

 

 

脱毛業界は最近すごく需要が高くアツいので
最新の機種がどんどん開発されています。
副作用も限りなくゼロに近づいてほしいですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


*お名前(姓)
*メールアドレス

レーザー脱毛の副作用まとめ 信頼できる病院を選ぶヒント関連ページ

5種類の脱毛を比べてみたよ
ブラジリアンwaxってどうなの?

恋愛運アップメルマガ

よく読まれている記事

カリス(管理人)が選んだよ!

管理人カリスがお伝えしたいコト

どこの毛が気になる?

エステサロン

クリニック

脱毛体験談

脱毛機で選ぶのもあり

痛みに弱い方におすすめ

家庭用脱毛器

抑毛剤

除毛剤

ワックス

地域別サロン・クリニック

シーン別ムダ毛の悩み

脱毛方法の種類など

こんな肌でも脱毛できる?

未成年でも脱毛できる?

毛と脱毛の基礎知識

多毛を抑制する方法

ムダ毛処理トラブルまとめ

ムダ毛処理&脱毛後の美肌ケア

ナノケア美活

ムダ毛がなくなったら!

脱毛Q&A