トップへ戻る

デリケートゾーン 黒ずみ ケア

私のおすすめエステ 自宅でムダ毛ケア 女性が毛深くなる理由 恋愛運upメルマガ お問い合わせ先 乳輪の太い毛

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたい 自宅でできる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

デリケートゾーンの美白

 

デリケートゾーンの悩みの中でも
ベスト3に入る悩みが黒ずみです。
あなたもひそかに気になっていませんか?

 

だけど悩んでるのはあなた一人ではありません。
ある程度の黒ずみはどうしても仕方のないことですし、
今は専用の美白クリームなどでお手入れできますよ。

 

美白したら私より彼の方が喜んでたかも

 

 

特に10代〜20代前半にかけての女性は、
彼氏ができたり合宿や修学旅行などで、
誰かの裸を見たり、見られたりする機会が増えます。

 

その時、どうしても比較したりすることで、
自分の身体はちょっとおかしいんじゃないか?って
悩みが大きくなってしまうんですよね。

 

 

 

あなたも何かのきっかけで、自分のあそこの黒ずみが
気になってしまったのではないでしょうか?

 

足の付け根やIライン、かき壊してしまったところ、
一口にデリケートゾーンと言っても場所はさまざまです。


 

彼とエッチする時に恥ずかしい…
水着になってもお股の黒いのが見えてしまう…
脱毛するのに色素沈着はNGらしい…

 

色んな場面で困ってしまいますよね。

 

あそこが黒ずむ原因は色々ありますので、
そのあたりも含めて、気を付けることや対処法、
自宅でできるケア方法などをまとめてみました。

 

 

知らない間にやってしまってることや、
まだ試したことないお手入れなどがあると思います。
少しでも参考になれば幸いです。

 

 

女性のあそこはなぜ黒くなるのか!?

ひとことで言うのは難しいですが、
陰部周辺は、黒ずみやすい環境にあると言えます。

 

何と言っても、皮膚が薄い!これが一番大きいですね。
そう言われてみれば…。ちょっと触ってみてください(笑)

 

触ってみればわかりますが、体の他のどこよりも
めちゃくちゃ柔らかいと思いませんか?
薄いと言われている目の周りよりも柔らかいですよね?

 

その他の色素沈着してしまう原因は、以下のようなものです。

★あそこが黒くなる原因

 

・洗い方(せっけんなど含む)
・下着や衣類での締め付け
・女性ホルモンの影響
・アンダーヘアの処理方法
・生理用品、オリモノーシートのこすれ
・加齢によるもの

 

どうでしょうか?思い当たることはありませんか?
洗い方を含め、ちょっとしたことで黒ずみができるんですよね…。

 

 

○デリケートゾーンの洗い方など
ほとんどの人が「洗い方?」って思うでしょうが、
たぶん体を洗うついでに、あそこもゴシゴシと…
という人が多いのではないでしょうか?

 

デリケートゾーンの洗い方

 

その気持ちはすごく良くわかるんです。
黒ずんできたらこう思ったんじゃないですか?
「洗い方が足りないのかも?」って。

 

だからさらにボディソープでお股をゴシゴシ。
「こうすればニオイもきっとなくなるわ」と、
ビニールタオルのようなもので、こすってる人もいます。

 

これ、まっくろくろすけ一直線です(汗)
先ほど書きましたが「皮膚が薄い」んです。
それを365日繰り返すと黒ずむのも仕方ないですよね。

 

基本的な洗い方は、お湯で洗い流す程度で十分。
※婦人科の医師が言っていました。

 

もし洗うとしたら、膣内の酸性に近いPHの石鹸を、
しっかり泡立てて優しく洗うのがセオリーです。
※膣内のPHは3〜5です。

 

弱酸性デリケートライン用石鹸はこんな感じ

 

 

○下着や衣類での締め付け

 

下着の締め付けで黒ずむ

 

いわゆるビキニラインから股部分にかけて黒い人は、
下着や締め付けるような衣類(スキニーなど)が原因かも。

 

本来パンツはゆったりしたものがいいけど、
見えない所からオシャレしなくちゃと、
小さ目のランジェリーを無理につけていませんか?

 

もちろんその心意気は素晴らしいのですが、
いつもだと肌にメラニンが沈着する原因になります。
特に化繊やナイロンなどの素材は要注意です。

 

常にダメージを受け続けると、ターンオーバーが乱れ、
角質が厚くなって、メラニンが増えてしまいます。

 

おすすめは、綿やシルクなどの肌触りがよくて、
締め付けがないもの(サイズ)がいいですね。

 

勝負下着は、お泊りグッズとして入れておくのはどうでしょう。
そうすれば急にデートに誘われても大丈夫ですよ♪

 

○女性ホルモンの影響

 

女性ホルモンが活発な若い女性ほど、
乳首やあそこが黒くなる傾向にあります。

 

妊娠によって女性ホルモンが増減することで、
メラニンが増えて黒ずみが濃くなりますよね。
※出産後は落ち着きます。

 

30代くらいまではある程度は仕方がないです。
他の原因を極力排除することを考えましょう。

 

○アンダーヘアの処理方法など

 

どうしても気になってしまうアンダーヘアの処理で、
黒ずみを作ってしまうことも考えられます。

 

大きな原因は「摩擦&刺激」の繰り返しによるもの。
カミソリで剃ったり、ワックスやソイエで抜いたり、
まさかとは思うけど除毛剤を使っていませんか?

 

下着からはみ出したり、清潔にしたいと思う気持ちで、
上記のような処理を続けると角質が傷ついて、
カミソリ負けなどで、痒みや炎症が出てしまいます。

ターンオーバーの乱れ

 

繰り返すことで、メラニンが排出されずに蓄積します。
痒みも出るので、かきむしってしまう刺激で、
赤黒くなってしまうんですよねwww

 

緊急時以外は、カミソリ等ではなくヒートカッターと、
抑毛剤を使って処理するのが、肌に優しい方法です。

 

アンダーヘアが濃くて処理しないと我慢できない人は、
あそこが黒く変色する前に、エステや
クリニックの脱毛のプロに任せた方がいいかも。

 

今は、色素沈着があると脱毛できない機種がほとんどなので、
ダメージが軽いうちに行くと、意外と早く安く済みますが、
黒くなって行くと時間もお金もかかりますしね。

 

○生理用品、オリモノーシートのこすれ

 

下着の締め付けやこすれと同様に、
生理用品やオリモノシートなどによる摩擦も黒ずむ原因です。

 

生理用ナプキンも黒ずみになる原因

 

最近はナプキンも高品質になってきてるとは言え、
直接肌に触れている時間が長いと刺激になって、
徐々にメラニンが生成されていきます。

 

女性の陰部周辺は、
黒ずんでも仕方がないですよね…。
なのに男性は「ピンク願望」が強いです…。

 

話がそれました。(汗)

 

生理用ナプキンは仕方がないですが、
ケミカル度が高いものは避けたほうがいいですね。
肌に張りついて気持ち悪いものは変えたほうがいいです。

 

オリモノシートもできればしないほうがいいですが、
下着にシミがつくくらい多いようなら仕方ありません…。

 

ただ、あまりにも量が多い、臭いがきつい、色がおかしい、
血が混じる、といった場合は、婦人科へ直行しましょう。
子宮がんなどの病気が考えられます。

 

おりものは女性に体の不調を教えてくれるサインでもあります。
普段からチェックするようにしましょうね。^^

 

○加齢によるもの

 

デリケートゾーンは体の一部です。
他の場所と同じように加齢とともに衰えてきます。

 

ターンオーバーという皮膚の生まれ変わる期間も長くなり、
メラニンを排出する力が弱まるので黒ずみやすくなります。

 

閉経する年齢になると、
今度は逆に女性ホルモンの分泌が少なくなるので、
気になるデリケートゾーンや乳首の色も薄くなります。

 

そこまで待てないなーという人は、
これまで説明したような刺激を避けたり、
下記のような美白アイテムを利用してみるといいですよ。

 

○デリケートゾーンの美白

 

女子としてあそこが黒っぽいのは許せない!
そう思う気持ちはすごくよくわかりますが、
正直大人の女性で、きれいなピンクの人ってほぼいません。

 

それくらい黒ずみやすいということですが、
今回挙げたやってはいけないことを避けること、
そしてできれば専用ソープで優しく洗う事などを心がけて下さい。

 

黒ずみは生活習慣でできると思って下さい。
まずは原因を排除することが一番です。

 

デリケートゾーンの美白クリーム

 

 

そして今より少しでも薄くしたいなら、
市販のボディソープではなく、専用ソープで洗い、
美白クリームでお手入れを続けるといいですよ。

 

このように、デリケートゾーン専用ソープ、
美白クリームは、当サイトでも人気が高いので、
気になってる女性は多いんだなぁと感じます。

 

どちらも通販で購入できるので、
気になったら試してみてはどうでしょうか?

 

ちなみデリケートゾーン専用ソープは、
こちらにまとめていますので参考にどうぞ。

 

 

なんで気になるかってところに注目すると、
やっぱり水着になった時のビキニラインや、
彼氏に遊んでるって思われるのがイヤだから…ですよね。

 

遊んでるからというのは、大きな誤解なんですが、
そう思っている男性が多いのも事実です。
どっちにしても、真っ黒だと恥ずかしいってことですよね…。

 

そんなデリケートゾーンの黒ずみをお手入れするものとして、
今、雑誌などでも注目されているのが、専用美白クリームです。

 

 

 

注意点は、使えばすぐピンク色になるわけではないこと。
原因になることを長く続けていた人は、回復にも時間がかかります。

 

早い人では数日で効果が出る人もいるようですが、
最低でも2ヶ月は続けてみてください。
何故なら肌が回復する期間が必要だからです。

 

それでも、本当に効果あるの?って不安かもしれませんが、
60日以内であれば、返金保証がありますので安心です。

 

ちなみに、このミウ・デフルール、私も試してみました。^^
いいなと思ったのは、伸びがスゴくいいこと。
テクスチャが重いと、塗りにくいんですよね…。

 

香りもふんわりとしています。
いかにも…という強烈な香りはないので、
陰部のニオイと混じらないからいいと思います。

 

気になるのは、美白効果ですよね?
まだ、ハッキリとした効果はわかりませんが、
心なしか皮膚がツルンとしてきました。

 

デリケートゾーン美白クリーム

 

美白に成功すると、実はあなたより彼が嬉しいかも!?
男性はピンク色が大好きですから(汗)

 

結局できることから改善するしかない!

カリスが思うこと。

 

デリケートゾーンの悩みってホント多いです。
女性として綺麗でありたいと思うからこそですが、
悩みって妄想が大きくなってしまうある意味モンスター。

 

悩んで悩んで考えすぎると、あまりいい結果は出ません。
私もそうでしたが、いつまでもモヤモヤしたまま、
結局悩みも解決せず気持ちだけが落ち込むのです。

 

そして絶対に落ち込んではいけない、
負の無限ループに迷い込んでしまいます。

 

「でも」「だって」「どうせ」が口癖になったら、
恋愛の神様も逃げてしまいますからね。

 

だけど「なんとかする」って決めたら楽♪
あれもこれも、いいと思うものはやってみればいいんです^^

 

みんな人それぞれタイミングや色んな事情で、
その時できることって限られますから。
自分に合うものに巡り合えたらラッキーですね!

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


*お名前(姓)
*メールアドレス

恋愛運アップメルマガ

よく読まれている記事

カリス(管理人)が選んだよ!

管理人カリスがお伝えしたいコト

どこの毛が気になる?

エステサロン

クリニック

脱毛体験談

脱毛機で選ぶのもあり

痛みに弱い方におすすめ

家庭用脱毛器

抑毛剤

除毛剤

ワックス

地域別サロン・クリニック

シーン別ムダ毛の悩み

脱毛方法の種類など

こんな肌でも脱毛できる?

未成年でも脱毛できる?

毛と脱毛の基礎知識

多毛を抑制する方法

ムダ毛処理トラブルまとめ

ムダ毛処理&脱毛後の美肌ケア

ナノケア美活

ムダ毛がなくなったら!

脱毛Q&A