トップへ戻る

デリケートゾーン 痒み 陰毛

私のおすすめエステ 自宅でムダ毛ケア 女性が毛深くなる理由 恋愛運upメルマガ お問い合わせ先 乳輪の太い毛

デリケートゾーンの痒みは陰毛が原因?婦人科系トラブルまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

デリケートゾーンの痒み

 

痒いとちょっと困るあそこの痒みはお手入れが大事!
掻きむしってしまうと悪化するので我慢我慢。

 

でも、どうやってケアしていいのかわからない…。
そんな女の子が多いのも現実です。

 

デリケートゾーンすっきりアイテム

 

 

デリケートゾーンに痒みが出るとちょっと困りますよね。
おそらくほとんどの女性が一度は経験したことがある、
この切実な「痒み」問題ですが、あなたはどう対処してますか?

 

この痒みは、原因によって自分で対処できるものと、
病院で薬を処方してもらわないと解決しないものがあります。
まずは原因をしっかり見極めることから始めましょう。

 

 

デリケートゾーンは、思ったより多くの要因が重なっていることが多く、
アンダーヘアが濃いことで起きるムレもその原因のひとつ。

 

私の経験から言うと、毛が濃いことで痒くなるのは、
もはや疑いようのない事実だと思っていますが、
さらに現代女性特有の原因があると思っています。

 

そのあたりを含めて、陰毛と蒸れや痒みとの関係、
女性特有の原因やお手入れの間違いなどから起こる、
デリケートゾーンの痒みの原因をまとめてみました。

 

 

 

デリケートゾーンの毛が濃い

今、婦人科を受診する女性の中で、
蒸れや痒みを訴える人が急増しているそうです。
夏はもちろん季節関係なく、だそうです。

 

考えれば当然ですよね。
昔、着物で過ごしていた時の下着は腰巻でしたから、
お股部分はスースーして、ムレや痒みとはほぼ無縁でした。

 

※腰巻ってこんなヤツです。
和装下着で今でも売ってますね^^

 

 

ところが、現代女性の下着と言えば、綿ならまだしも、
通気性が悪そうな、ナイロンやポリエステルが多いです。
可愛いくて高級な下着になればなるほどそうです(汗)

 

陰部は、ワキと同じように汗腺が多いので、
デリケートゾーンの毛が多いと、あのムワ〜ンとしたニオイや、
あせもや湿疹ができても仕方がない気がしますね。

 

アンダーヘアの密度が濃いと湿気もこもりますから、
その上にストッキングや、補正下着を重ねばきすると、
蒸れて痒みが出るのは当たり前の環境かとwww

 

雑菌にとっては言ってみればウハウハの状態ですよね。
汗や皮脂というエサがあって湿度が高いワケなので。
だからカットしたり脱毛することで陰部環境が良くなります。

 

美容外科では、デリケートゾーンにボトックスを注射して、
汗やムレを抑える方法もあるくらいなので、
女性にとってイヤな悩みだという事がうかがい知れます。

 

アンダーヘアを全剃りしたら痒い

アンダーヘアが濃いと処理したくなるのが女心です。
処理方法も剃る、抜く、ワックス、除毛クリーム等ありますが、
中でもオーソドックスなのはカミソリで剃ることですよね。

 

デリケートゾーンを全剃りしたら痒い

 

全剃りしたらどんな感じなんだろう?
きっとスッキリするに違いない!!
そう心に決めて(笑)、ジョリジョリするワケです。

 

あなたも一度はチャレンジしたのではないでしょうか?
剃りあげた瞬間は、少し恥ずかしいと思いつつ、
こんなにもラクなの?やっぱアンダーヘアなんてないほうがいい!

 

とてつもない解放感に浸ったこととお察しします。
ところが、しばらくするとヒリヒリ感やチクチク感、
さらには猛烈な痒みが襲ってきます。

 

これこそが最大の問題ですよね。
デリケートゾーンの皮膚はとても薄いので、
カミソリで剃れば、そりゃ炎症や痒みがあっても当然です。

 

剃る場合は色々注意が必要です。
アンダーヘアの処理方法は別ページで詳しく説明しています。

 

アンダーヘアの処理方法まとめ

 

 

で、全剃りして痒みが出た場合の対処法ですが、
清潔にすることと炎症を抑えることが最大の治療になります。
特に鼠径部は細菌感染しやすく、毛嚢炎やおできができることも…。

 

まずは清潔にして掻かないことが大事ですが、
そのためには痒みを抑えることがポイントです。

 

下記にも記載していますが、
市販薬としておすすめなのはフェミニーナ軟膏です。
なければオロナイン軟膏もいいですね。

 

どちらもそんなに高いものではないので、
ひとつは常備しておくと安心ですよ。^^

 

 

生理用ナプキン、おりものシートなどで痒みが出る

最近は、ナプキンやおりものシートなども進化していますね。
通気性や肌触りのいいものを選ぶのはもちろんですが、
どうしてもムレてしまうのは仕方ありません。

 

対処法は、こまめに取り換えるなどしかありませんが、
夏やスポーツで汗をかいたりすると大変ですよねwww
出血が多い日は気持ち悪くて大変です。

 

トイレに行っても下着も汗で濡れてるし、
おしっこしてきれいに拭いて、新しいナプキンをセット(笑)して…。
これだけでも大仕事だった記憶がよみがえります。

 

せめてナプキンはいいものを使うこと、場合によっては、
布ナプキンや、タンポンなどでムレないように工夫しましょう。

 

 

布ナプキンは楽天などの通販で購入できます。
ケミカルなナプキンより肌触りがいいです。

 

陰毛におりものや経血などの汚れが付着して、
雑菌が繁殖しやすくなってかゆみを起こすこともあるので、
トイレに行くたびに面倒ですが、清潔にすることが大事。

 

だからと言って洗浄しすぎるのも逆効果です。

 

通常は膣内にいるデーデルライン桿菌(かんきん)
という乳酸菌が雑菌から守ってくれていますが、
ボディソープなどの強い洗浄力の物を使うとバランスが崩れます。

 

膣内のPHは、3〜4なのでそのPHに近いもので、
優しくそっと洗浄するようにしましょう。

 

 

 

下着のこすれや素材が原因の痒み

デリケートゾーンの痒みは下着のこすれも原因

 

下着が肌に触れると、刺激になってかぶれたり、
素材によっては、通気性が悪いものがありますよね。

 

さっきチラっと触れましたが、
セクシーでかわいい下着は、
ナイロンやポリエステル素材のものが多いんです。

 

若いうちは下着もオシャレに…って思いがちですが、
せめて彼とデートの日だけにしましょう。

 

本物を身に着けるならシルクなどの素材がいいですよ。
自分で触っても彼に触れられたとしても、
手触りが違うし肌への負担も段違いです。

 

あと、下着って手洗いしてませんか?
もちろん洗濯機で洗う時もそうなんですが、
すすぎが不十分で洗剤が落ちてないことが原因かもしれません。

 

ちょっとしたことなんですけどね。
痒みを誘発する原因になってるかもしれないので、
ちょっと気を付けてみてくださいね。

 

 

免疫力の低下で肌が敏感になっている

 

デリケートゾーンの細菌感染

 ストレスや病気などで免疫力が落ちると、
 ちょっとした傷からも細菌感染して、痒みが出る事もあります。
 傷の修復能力が落ちているからです。

 

 いつまでも治らない傷から、ばい菌がはいります。
 陰部は大腸菌などの細菌、ウィルス、真菌などがうようよ…。

 

免疫力の低下は、デリケートゾーンには致命的。
ただでさえ湿気や雑菌で傷が治りにくい環境にある上に、
ムダ毛処理でも傷は本当に危険とも言えます。

 

どーしても処理しないといけない場合は、
「剃る、抜く、はがす、溶かす」ではなく「カット」がベター。
ベストは間違いなくVIO脱毛です。

 

免疫力が低下するって、なんとなく漠然としているので、
どいうことか簡単に説明しておきますね。

 

そもそも免疫とは、一言でいうと「自己防衛機能」。
風邪やインフルエンザのウィルス等の侵入を防いだり、
入ってきたウィルス等を排除しようとすることです。

 

この働きが弱ってくると、風邪をひきやすくなったり、
肌が荒れて敏感になってしまうので、
傷が治りにくく、痒みが出てしまう原因になります。

 

免疫力アップには休息が大事

 

★免疫力が低下する原因

 

・加齢
・食生活
・ストレス
・低体温
・環境
・その他

 

免疫力が低下する原因はいくつかありますが、
それぞれが関係してくるので、
これだ!と限定するのは難しいですね。

 

【加齢】
まず、加齢によるものですが、
免疫力のピークは20歳前後と言われていて、
以降、年々衰えていくことがわかっています。

 

年齢を重ねると病気に罹りやすくなるのも、
体内の乾燥、酸化がすすみ、
免疫力の低下が大きな原因になります。

 

 

【食生活】
食生活が乱れることも大きな原因のひとつ。
私たちの体を作る栄養素をバランスよく摂取しましょう。
たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルですね。

 

中でもデリケートゾーンに関係するのが「粘膜」。
粘膜を強くする成分はとても大事です。

 

ビタミンA、ムチン、オメガ3脂肪酸などを
積極的に摂取するようにするといいですよ。

 

*ビタミンAを含む食材
うなぎ、スズキ、あなご、卵黄、等

 

*ムチンを含む食材
納豆、山芋、レンコン、サトイモ等
ネバネバした食材に多く含まれる成分です。

 

*オメガ3脂肪酸を含む食材
イワシ、サバ、えごま油、亜麻仁油等。
血流を改善したり、炎症を抑える効果等が期待されています。

 

※オメガ3脂肪酸とは、DHA、EPA、αリノレン酸などの総称。
最近ではアレルギーを抑制する効果が期待され、
美肌を作るためにもおすすめの成分です。

 

粘膜を強くするオメガ3脂肪酸

 

オメガ3脂肪酸が入った亜麻仁油です。
スーパー等で普通に売ってますよー。^^
加熱はNGなので、私はサラダにかけて食べています。

 

 

【ストレス】
次にストレスによる免疫力低下ですが、
これもかなり大きいです。

 

ストレスが病気の原因だということは、
すでに知られていることですが、
免疫力との関係は以下の通りです。

 

私たちの体はストレスを感じると、
免疫力の主たるリンパ球に影響を及ぼします。

 

ストレスにより自律神経が乱れて、
交感神経が優位になってくるからです。

 

もうひとつ重要なのが、ストレスホルモンです。
体の危機管理部門がやばい!と判断し、
対処するためにドバっと出てくるホルモンです。

 

このホルモンにはコルチゾールが含まれ、
多すぎると免疫力が低下してしまうのです。
やっかいですね。。。

 

 

【低体温】
女性に多い低体温もいけません。
よく「がんになる人は低体温の人が多い」と言われますが、
体温が低いことによるデメリットは計り知れません。

 

元気な人の平熱は36.5〜37度くらいですが、
あなたは自分の平熱をちゃんと把握してますか?
平熱が上記より低ければ生活習慣を改めましょうね。

 

低体温で何故免疫力が落ちるのかは、
血流が悪くなることが関係しています。

 

私たちの体にはすみずみまで血管がありますよね?
その血管の中を血液が流れて、栄養素などを運び、
体の中の老廃物を流してくれています。

 

その血液の中には免疫機能がある白血球があり、
異変がないかをチェックしています。

 

ところが体温が低くなると、血液の流れも悪くなり、
その結果、免疫力も落ちてしまうってワケです。

 

女性に多いのは筋肉不足によるものも多いので、
体の筋肉を鍛えるといいですよ。
その他、入浴や腹巻などで体を温めることも。

 

私もずーーっと35度台の低体温だったのですが、
がんとか怖いので温活を始めたんですよ。

 

水素水を飲んだり水素風呂にしたり、
酵母など体によいと思うものを積極的に取り入れました。

 

水素生活

 

水素に関しては、まだエビデンスがない等、
さまざまな意見があることも知ってます。

 

それでも私が取り入れている理由は、
最初に購入した水素水生成器がかなり良かったからです。

 

水素水で炊いたご飯は新米のようになるし、
水素シャワーは髪が柔らかくなり、
水素風呂はまろやかなお湯で乾燥肌も改善。

 

全部、効果を含め、安心感を得るために使ってます。
もっとエビデンスが出てくればいいんだけどなー。

 

 

さらに、適度な運動を取り入れて、
ちょっと頑張ってみると平熱が36.7度くらいに!
これには自分でもびっくりでした。

 

水素生活

 

 

【環境】
生活していく上での環境も関係します。
大気汚染物質や、花粉、ハウスダストなどですね。

 

最近ではPM2.5が問題になっていますが、
これらが体内に入るとアレルギー反応を起こしたり、
悪玉活性酸素が増え、免疫力が低下します。

 

 

【その他】
このように免疫力が低下する原因はたくさんあり、
デリケートゾーンの痒みなどに間接的に関係しています。

 

その他、喫煙、お酒、食べ過ぎ、睡眠不足など、
体に悪い生活をしないように気を付けることが大事。

 

デリケートゾーンが痒くなって、
その痒みがずっと続くようなら婦人科に行ってみましょうね。
なかなか病院に行かないのも、症状を悪化させる原因なので。

 

あの内診は、かなり恥ずかしいー。
私はいつも女医さんの病院へ行っています。混むんですけどね…。

 

 

カンジダ膣炎が原因の痒み

疲れやストレスなど風邪をひいただけでも真菌が増えて、
おりものやかゆみなどの症状が出てくるのがカンジタ膣炎。
おりものの状態は白濁しているのが特徴です。

 

ねっとり状、カッテージチーズのような形状で量が増えます。
私も罹ったことがありますが、原因は疲れでした。

 

カンジダ菌は常在菌の一種なので、
誰でもかかる可能性のある疾患です。

 

カンジタ膣炎 かゆみ

 

常に膣内にいる真菌ですが、上記のような原因で、
免疫力が落ちると、異常に増殖し発症してしまいます。
婦人科で治療ができます。

 

病院ではオキシコナゾール硝酸塩(抗真菌薬)などが処方されます。
再発の場合は、薬局で売られている
フェミニーナ軟膏の膣カンジダ錠も効果的です。

 

 

ここでも免疫力が出てきましたね。
本当に人間のカラダってつくづく全部つながってると感じます。

 

あ、カンジダ膣炎感染する可能性がありますので、
彼氏がいる人は気をつけてくださいね。

 

カンジダ膣炎は繰り返すことが多い病気なので、
体の免疫力を上げる事や陰部環境をよくすること、
アンダーヘアも少し少なくすることなどで予防しましょう。

 

 

性感染症などの影響で痒い

その他、性交渉で感染するいわゆる性感染症も要注意。
特に痒みが強くなるような性感染症は以下の通りです。
彼がいる人で症状がある人は必ず2人で病院へ行きましょう。

 

 

・トリコモナス膣炎
 泡立つようなおりもの、排尿時の不快感、外陰部の痒みなど

 

・クラミジア
 おりものの増加、不正出血、下腹部の痛みなど

 

・尖圭コンジローマ
 ウィルスにより性器周辺にイボができる。痒みも。

 

・性器ヘルペス
 陰部周辺に水泡状のただれができる。
 排尿困難、発熱など

 

・毛じらみなど
 シラミの一種が感染し激しいかゆみを伴う
 脇、髪の毛にも。

 

その他梅毒、淋菌など。
性感染症によって、おりものが増え外陰部などに、
痒みが出る事もあるので、自己判断せずに病院へ。

 

 

 

デリケートゾーンの痒みに効く薬 フェミニーナ軟膏/オロナイン軟膏

デリケートゾーンの痒みにも色々原因があることがわかりましたね。
まず、膣カンジダやその他の性感染症の場合は、
自己判断せずに婦人科で治療しないといけません。

 

その方が早く痒みが治りますし、傷つけずに済みます。
彼に感染させないためにも絶対です。

 

それ以外の生理やオリモノによるかゆみやかぶれは、
フェミニーナ軟膏などの市販薬を使うと効果的です。
薬局で買うのが恥ずかしいなら通販でも購入できます。^^

 

 

 

●デリケートゾーンの腫れ

 

痒みと同時に陰部が腫れてしまうこともあります。
多くはムダ毛処理などによる傷から細菌感染して起こる毛嚢炎ですが、
バルトリン腺のう腫やバルトリン腺炎の可能性もあります。

 

バルトリン腺は膣口の両側にある腺で、
エッチの時にはここから分泌されます。
場所的に細菌が入りやすいので気を付けないといけません。

 

デリケートゾーンの常在菌による感染がほとんどで、
痛みを伴った腫れがあるのが特徴です。
抗生物質で治療できます。

 

 

●おりものが原因の痒み

 

おりものは女性にとって病気に罹ってないかの重要なサイン。
量が多い、いつもと色が違う、血が混じっている、異臭がするなど、
あなたの健康を左右する重要なものです。

 

例えば前述したような線感染症や子宮頸がん、
子宮対がんなどの重篤な病気が隠れていることもあります。

 

異常がない場合でも、おりものが原因で臭ったり、
おりもの自体が肌に触れてかゆみが発生することも。
菌の増殖を防ぐためにも清潔にしておくことが一番の予防です。

 

また、体を健康にしておくことも大事です。
免疫力が低下するとカンジダ膣炎になりやすいので、
おりものによる痒みも気になってしまいます。

 

 

実は膣内にもいい常在菌と悪い常在菌がいて、
生活習慣や食生活などでバランスが崩れます。

 

おりものは体からのサインと書きましたが、
量が多い場合、このバランスが崩れている可能性があります。
いつもと違うなぁと思ったら生活習慣も見直してみましょうね!

 

 

おりものの量が気になる人は、
デリケートゾーンにいる乳酸菌「GR−1」や「RC−14」を、
積極的に摂取するといいと思います

 

最近の研究でわかったことですが、
この2つの乳酸菌を摂取したところ、
細菌性膣症の治癒率やおりものの量が減ることがわかっています。

 

ちょいと調べたところDHCのデリテクトという商品がありました。
DHCならドラストでも売ってると思いますので、
おりものの量が多い人は試してみるといいかもですね。^^

 

 

楽天にもありました。

 

 

 

心身ともに健康であることも重要なポイントです。

 

 

●デリケートゾーンの乾燥

 

デリケートゾーンは何となくいつも湿っているイメージで、
乾燥とは無縁のような気がしませんか?
でも、結構乾燥する場所だということを知っておきましょう。

 

特にIラインではなくVゾーン辺りが痒くなりませんか?
前から見て▼を含むその周辺を含んだ範囲です。(笑)

 

その原因はムダ毛処理、ボディーソープ、
ゴシゴシと洗いすぎてしまうことなどが挙げられます。

 

皮膚が薄いのに洗い方やアンダーヘアの処理方法を間違うと、
バリア機能が弱くなって細菌や刺激でかゆみが出ます。
乾燥した痒みにはフェミニーナ軟膏等の市販薬が使えます。

 

 

いずれにしても痒みが出る前のお手入れ方法を、
見直してみるといいかもしれませんね。
よかれと思ってやってることがNGだったりしますので。

 

デリケートゾーンが痒いときは

カリスの客観的な解説

 

デリケートゾーンって痒くなる原因が鬼のようにありますよね。
結局、どーなの?ってことですが、
やっぱり痒みが出るときは原因を排除しないとダメです。

 

アンダーヘアが濃いことが原因のもの、
免疫力の低下、性交渉によるもの等、
そもそもの原因で対処法が違いますからね。

 

基本は陰部を清潔にして通気性をよくして、
ストレスを溜めずエッチはステディな彼とだけにする。

 

これに尽きますがアンダーヘアを少し減らすと
ムレからくる痒みは軽くなりますよ。

 

アンダーヘアの処理方法はこちらにまとめています。
肌を傷つけないよう少し減らしてみるといいかも。

 

処理する場合は十分に気を付けて下さいね。
あまり切れすぎるカミソリは絶対にダメです。
私は手が滑って切ったことがあるので…(痛かったです)

 

また、少しお金と時間はかかりますが、
エステなどの脱毛で全体的に薄くする方法もあります。

 

エステのアンダーヘア脱毛まとめ

 

クリニックのアンダーヘア脱毛まとめ

 

一旦、痒みが出ると我慢できずかきむしってしまい、
黒ずみの原因になることもあるので、早目のケアがおすすめ。

 

文字通りデリケートな問題ですが、
多くの女性が悩んでいる問題でもあります。

 

フェミニーナ軟膏などの市販薬でも治らない場合は、
我慢せずにまずは婦人科を受診しましょう。


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


*お名前(姓)
*メールアドレス

恋愛運アップメルマガ

よく読まれている記事

カリス(管理人)が選んだよ!

管理人カリスがお伝えしたいコト

どこの毛が気になる?

エステサロン

クリニック

脱毛体験談

脱毛機で選ぶのもあり

痛みに弱い方におすすめ

家庭用脱毛器

抑毛剤

除毛剤

ワックス

地域別サロン・クリニック

シーン別ムダ毛の悩み

脱毛方法の種類など

こんな肌でも脱毛できる?

未成年でも脱毛できる?

毛と脱毛の基礎知識

多毛を抑制する方法

ムダ毛処理トラブルまとめ

ムダ毛処理&脱毛後の美肌ケア

ナノケア美活

ムダ毛がなくなったら!

脱毛Q&A